/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > 会員紹介(カタリスト) > 前略 在仏 総領事館の皆様と皆様へ その25

前略 在仏 総領事館の皆様と皆様へ その25

2014.07.21
投稿者:日疋好春

top_view3_r1_c1 写真はお借りいたしました。 , 私たち川越style倶楽部®の元になりました経済産業省の 「売れるものづくりマーケティング研究会」で 日本企業が学ぶべきイタリアの中小企業の強みが 徐々に判ってきました。 同時に私達は「カイゼン」や「精密さ」「技術力」以外に 日本企業がポリシーとして世界に示せるモノやコトは無いか 議論いたしました。 そんな時に 今や日本ではコスト的な成り立たず 一社も存在しないのではないかと言われた アセンブリー業(組み立て業)を電子部品分野で 続けている企業 MIYOSHIの佐藤様が 木製のキーボードを持参されました。 その木製のキーボードは職人さんの手作りで 完全なる一品モノでした。 佐藤様曰く  「その職人さんと打ち合わせをした後  彼が私のことを何度も思い出しながら  細部にまで私に使いやすいようにと  工夫を凝らして私のための一品として  仕上げてくれました」 「売るための試作品として 作ってもらったが  100万円出すと言われても  この作品は誰にも売れない」 「もし自分用を作って欲しいと注文が入ったら  まずその人(お客様)を面接をしてから出ないと  職人さんの想いとバランスが取れない」 と言い出しました。 佐藤様は、赤裸々な「ヒデヨシ日記」で知られるように 創業期に大変ご苦労をされており 決して甘い経営者ではありません。 むしろ このアジアとの熾烈なコスト競争の中で 組み立て業と言う品質・コスト・スピードとの戦いを生き抜いてきた 企業です。 この発言の後 佐藤様があるレポートをまとめました。 それは・・・おってまたご報告させていただきます。
川越style倶楽部 in フィレンツェ
黒豚劇場川越店 黒豚劇場東京国際フォーラム店
彩の国の名産が味わえるお店 黒豚劇場 ひびき
The shop selling local specialities to Saitama Kurobuta Gekijo Hibiki
黒豚劇場とは 黒豚劇場川越店 黒豚劇場東京国際フォーラム店

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。