/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > 会員紹介(カタリスト) > 埼玉の伝統工芸品 始まりは日光東照宮の造営Traditional Crafts in Saitama.It has begun since built of Nikko Toshogu shrine.

埼玉の伝統工芸品 始まりは日光東照宮の造営Traditional Crafts in Saitama.It has begun since built of Nikko Toshogu shrine.

2014.08.01
投稿者:関根紀明

「伝統工芸品」って言う言葉がありますが皆さんはどんなイメージがありますか?「日本的なもの」「古いもの」「職人技」等々いろいろな言葉が思いつくと思います。実はこの言葉には法律上の規定があります。経済産業省(旧通商産業省)所管の伝産法(伝統的工業品産業振興に関する法律)昭和49年11月施行、簡単に説明すると、100年以上その地域で従来の技術でその地域の産物を加工する産品のことです。日本全国では約120品目、埼玉県では4品目(岩槻木目込み人形・岩槻雛人形・春日部桐箪笥・秩父銘仙)。埼玉県及び関東近県の伝統工芸品の始まりは江戸時代初めの三代将軍徳川家光による日光東照宮の造営を起源にするものが多いのです。江戸幕府開闢により人口増大莫大な建築需要と寺社仏閣の建立のため上方(京都・大阪方面)からたくさんの宮大工が江戸に呼び寄せられました。特に日光東照宮の造営では織物や金工・彫刻の職人も数多くその事業に係わり、その後もこの地域近郊に土着しその技術を後世に伝えました。埼玉に残る桐箪笥も始まりは宮大工がこの地域に多く自生していた桐を使った家具造りです。長い時間を経て規模は小さくなりましたが、現在でも埼玉県内では春日部を始め川越近辺でもこの伝統技術を

川越style倶楽部 in フィレンツェ
黒豚劇場川越店 黒豚劇場東京国際フォーラム店
彩の国の名産が味わえるお店 黒豚劇場 ひびき
The shop selling local specialities to Saitama Kurobuta Gekijo Hibiki
黒豚劇場とは 黒豚劇場川越店 黒豚劇場東京国際フォーラム店

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。