/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > おすすめスポット > 歴史と伝統を堪能!こだわりを知って訪れたいお店

創業200余年、歴史ある鰻屋


6.「小川菊」①歴史

ガスも水道も電気もない…そんな江戸後期小川菊の歴史が始まりました。

始まりは川越の第2代藩主松平直恒の時代。山田地区で殿様が鷹狩りにみえた際にもてなしていたお料理が大変気に入られ、「もっと近くで」とお声がかかり川越に移ってきた、と言われているそうです。

昭和の時代には国民新聞社を設立した徳富蘇峰や小説家徳冨蘆花なども通っていたと言われ、食事をとりながら囲碁や将棋を楽しむサロンのようになっていたそうです。

kawagoe-master-com12-1

小川菊さんの壁には当時の文字が。かなり酔っ払いながら書かれた字で、一体誰によって書かれたものであるのか、現在調査中。この場所で確かに先人たちも美味しいお料理をいただきながら至福の時を過ごしていた…そう思いを馳せるとじんわりと胸が温かくなりますね。

kawagoe-master-com12-2

そんな小川菊さんの3階からは現在大正浪漫夢通りが良く見えますが、昭和30年代から平成7年まで、当時「銀座商店街」と呼ばれていたこの通りにはアーケードが取り付けられており、小川菊さんの3階部分もトタンでぐるっと覆われていたそうです。

さらに2011年に起きた東日本大震災の影響で建物の基礎の石が外れてしまい、一部の柱が宙に浮いてしまったことをきっかけに耐震補強と内装をリニューアル。

できるだけ昔の状態に近づけたい。そんな想いから、残すことを中心に、傷んでいるものを取り替えるということを意識し、さらに年配の方や車椅子の方にも安心して楽しんでいただけるようバリアフリーが取り入れられています。

kawagoe-master-com12-3

広々とした化粧室には赤ちゃんのためのおむつ交換台も設置してあり、様々なお客様への御心配りが隅々まで行き届いています。

積み重ねてきた歴史を大切に守り、そして伝えながらも時代に合わせて変化を加えていく。次回は小川菊さんのこだわりに迫ります。

kawagoe-master-com12-3

▼カタリスト榊原のコメント

鰻を味わうのはもちろんですが、小川菊さんでは空間もゆっくりと味わいたいですね。置物や照明、器や絵画など、思わず魅入ってしまうものが上品に溶け込んでいます。大切な人と極上の時間を過ごすことができますよ!

店舗情報

小川菊
所在地 川越市仲町3-22【Google Mapで見る】
営業時間 11:00~14:00 16:30~19:30(L.O.19:00)
定休日 木曜日
TEL 049-222-0034

次のページへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
関連ページ
動画チャンネル
おすすめスポット
川越グルメ
川越style倶楽部®について
世界と川越
お問い合わせ
川越style倶楽部 in フィレンツェ 川越style倶楽部 ブログ 川越style倶楽部 in フィレンツェ

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。