/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > おすすめスポット > 歴史と伝統を堪能!こだわりを知って訪れたいお店

極上の時間を小川菊で


6.「小川菊」②メニュー

店内のリニューアル後、スペースにも余裕ができたことからメニューもリニューアル。お食事を楽しめるだけではなく、ゆっくりとくつろげるようにお酒やおつまみのメニューが加わりました。

小川菊さんの店内にはそれこそお酒のおつまみになるような置物や絵画、器や照明など、こだわりの品が上品に設えてあるので、この極上の空間をお酒を飲みながらゆっくりと味わえるというのはとても嬉しいですよね。

kawagoe-master-com13-1

メニューも1か月から1か月半の周期で季節に合わせたものをいただけるそうで、最近では鰻だけではなく、お客様のご要望にお応えして野菜を使ったメニューも試行錯誤されているそうです。

小川菊さんといえば、器がなんとも素敵ですが、器は7代目小川修一郎さんの趣味でもあり奥様と選定されているそうです。備前、萩、古伊万里などもこれから取り入れていきたいし、昔から使われていた器も人数に応じて使用していきたいとのこと。鰻自体も待ちきれませんが、どんな器で運ばれてくるのかも楽しみですね。「食事と器は切っても切れないもの。その両方を楽しんでいただければ。」と小川さん。

kawagoe-master-com13-2

時代がどんどんと簡便な方向に進む中、小川菊さんで過ごす時間は忘れてはいけないものを取り戻せるような気持ちになります。

「串打ち三年、割き五年、焼き一生」と言われる鰻の調理技術。体得するのに時間がかかるためどうしても人材は少なくなりがちですが、「世界のどこにもないレベルの高い技術。最初は大変だけれど、ぜひ会得してほしい。」小川さんはそう話してくださいました。

厨房で鰻をさばいているところも拝見させていただきましたが、「美しい」んですよね。職人の技ってなんて美しいんだろう、そう思いました。

kawagoe-master-com13-3

急増している外国人観光客の方にも対応できるよう、朝礼時に英会話の発声も行っているそうです。

ニーズに合わせて柔軟に対応しながら、変わらないものや忘れてはいけないものを大切に守り続ける。文化としての鰻、ぜひ全身で味わってみませんか?

▼カタリスト榊原のコメント

取材時は開店前にお邪魔したため、開店準備の様子も拝見したのですが、単なる「準備や掃除」という言葉では表せない、まさに「しつらえ」の心を感じました。

店舗情報

小川菊
所在地 川越市仲町3-22【Google Mapで見る】
営業時間 11:00~14:00 16:30~19:30(L.O.19:00)
定休日 木曜日
TEL 049-222-0034

次のページへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
関連ページ
動画チャンネル
おすすめスポット
川越グルメ
川越style倶楽部®について
世界と川越
お問い合わせ
川越style倶楽部 in フィレンツェ 川越style倶楽部 ブログ 川越style倶楽部 in フィレンツェ

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。