/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > おすすめスポット > 歴史と伝統を堪能!こだわりを知って訪れたいお店

塩分の心配なし!ミネラル豊富な弓削多醤油


7.「醤遊王国本店・日高工場」③工場見学前編

日本の味といわれる醤油。海外では日本食ブームで醤油の消費量が増える一方、日本国内での醤油の消費量は40年前がピーク。そこから今は4割減っているそうです。

その理由の一つに「塩分控えめ」が叫ばれていることがありますが、実は、不必要な塩分は野菜などのミネラルと一緒に食べることできちんと体外に排出されるのです。弓削多醤油では精製塩でなく、ミネラルを含むメキシコ産の天日塩を使用。さらに添加物も使用していないため、安心して使うことができます。

kawagoe-master-com16-1

大豆と小麦も国産のものを使用。国産の大豆はタンパク質がとても多く、それが旨味に変わっていくそうです。

kawagoe-master-com16-2

スーパーなどで醤油のラベル表示の部分を見ると、「丸大豆」と「脱脂加工大豆」という表示があります。この違いはご存知ですか?

丸大豆醤油は大豆を丸ごと使った醤油でまろやかで甘みのある醤油になります。脱脂加工醤油は大豆から油を抜いた残りを原料に使う醤油です。薄めるので保存料としてアルコールが必要になり、尖った味がします。戦前は丸大豆醤油しかなかったのに、第2次世界大戦後、大豆を丸ごと使うのは勿体無い、と脱脂加工大豆の醤油しかなくなってしまったそうです。

その後昭和50年代になって、丸大豆醤油を復活させ、最初に商品にしたのはなんと埼玉県の醤油組合。

現在の流通量としては2割が丸大豆醤油、8割が脱脂加工醤油。スーパーに行った際などにぜひ見比べてみてください!

食卓には欠かせない醤油ですが、知らないことがたくさんありますよね。

次回は1年以上かけてじっくりと行う醤油の製造工程をご紹介します。

kawagoe-master-com16-3

▼カタリスト榊原のコメント

同じ「生しょうゆ」という名前でも菌が生きているか、除去されてしまっているかの違いがあったり、同じ「醤油」と思っていたものもラベル表示に大きな違いがあったり。自分の目的に合ったものを正しく選んでいきたいですよね!

店舗情報

醤遊王国本店・日高工場
所在地 日高市田波目804-1【Google Mapで見る】
営業時間 9:00~17:00
TEL 042-985-8011

次のページへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
関連ページ
動画チャンネル
おすすめスポット
川越グルメ
川越style倶楽部®について
世界と川越
お問い合わせ
川越style倶楽部 in フィレンツェ 川越style倶楽部 ブログ 川越style倶楽部 in フィレンツェ

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。