/* */

埼玉県川越から世界に向けて発信。KAWAGOEを知り尽くしたガイド(カタリスト)
が観光地・見どころ・文化をお伝えします。川越Style倶楽部®

HOME > メディア掲載 > 【NYタイムズが川越を公式取材!】

【NYタイムズが川越を公式取材!】

―小江戸川越とNY 時を紡いで―

2007年10月、
経済産業省 地域資源活用新事業展開支援事業費補助金補助事業として
“小江戸川越と歌麿の世界in ニューヨーク”を開催しました。
当時、外務省在ニューヨーク日本国総領事公邸を使った民間初のイベントとして、
異業種コラボ、地域資源活用、産官学連携という話題のコンセプトは注目を浴び、
NYでも帰国後の日本でも各種メディアに取り上げられたのは記憶に新しい。


その後、
都内から1時間程度で訪れることができる埼玉・川越市と川越style倶楽部の活動に関心を示す
NYタイムズ記者から受けたコンタクトがありました。


それから1年7ヶ月・・・。
2009年6月に、NYタイムズ記者の川越訪問取材が実現しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

川越style倶楽部のNY事業は
「江戸の知恵を現代に活かす」というコンセプトから始まる。埼玉や川越の歴史・文化・生活を学びながら、
伝承を活かした新しい企画も生み出してきたが、それを自己満足で終わらせないためにもNYに行く必要性が
あったのです。


なぜ、ニューヨークなのか?
新河岸側の舟運によって栄えた川越は、江戸の影響を受けただけでなく、江戸の生活を支えたことに大きな
意味があります。まさに“江戸の母”だということ。一方NYもハドソン川に影響を受け、ハドソン川を利
用して栄えてきた街です。そしてアメリカの、やがては世界の中心として重大な役目を担うに至りました。
同じように川に恵まれ川に育まれた街として特別な存在と言えるでしょう。
その場所から川越を見つめることで新しい風を吹かせたい!
川越を日本中に、そして世界に知らしめたい!といった想いの企画だったのです。


NYタイムズ社からコンタクトを受けた我々は、川越が東京から1時間程度の場所にあることや、日帰りでも
充分に楽しめること、日本の歴史や文化が色濃く残る街であることを繰り返し伝え続けました。
NYタイムズ社に川越訪問の企画がとおり、記者が正式に取材として訪れたことは、「地域資源を活用した新
事業展開」という目的に沿ったイベントを開催したこと、帰国後も、NYで得た人脈に継続的にアクセスし続
けた成果です。NYタイムズ記者の目を埼玉・川越に向けさせたことがひとつの成功と言えるでしょう。


NYのビジネスマンに情報提供したいと考えるNYタイムズ記者の想いと、
川越に来てもらいたい川越style倶楽部の出会いは必然でもあったのでしょう。
一方的に売り込むのではなく、相手にとって何が喜ばしいことかを考えながら情報発信を続けることが新たな
出会いを生んだのだと思えます。


記者の1通のメールがなければ、そのメールを見過ごさずに連絡を取らなければ実現しなかった来日です。


NYタイムズ紙を通して、NYから川越が発信されるのもそう遠くはありません。
今後、その記事によってNYのビジネスマンの目・関心が埼玉・川越に向けられることが、川越style倶楽部を次の段階へと進めてくれるはずです。


川越style倶楽部の活動は、常に民間からの発想を発信し続けることにあります。
NY事業では経済産業省の補助金補助事業で採択されたが、本来の目的を逸脱せずに素直に取り組んだ結果で
あり、その姿勢を行政サイドからフォローしていただくという形で事業が継続しています。
このような産官学連携プロジェクトの成功は快挙であり、川越style倶楽部の成功要因と言えるでしょう。

 

川越style倶楽部 in フィレンツェ 川越style倶楽部 ブログ 川越style倶楽部 in フィレンツェ

スポンサー

私たちは、川越Style倶楽部の活動を応援しています。

  • COEDOビール
    コエドビールは川越を拠点としたコエドブルワリーが販売するプレミアムビールです。

  • 弓削多醤油株式会社
    有機醤油復活へ。国産原料100%「生醤油」で免疫力アップ。おいしい醤油、安全な醤油、健康な醤油です。